半導体・液晶製造装置、各種ロボット、自動車関連、音響映像機器等の表面処理加工 株式会社イズミテクノ

株式会社イズミテクノ
〒394-0043
長野県岡谷市御倉町3-20
TEL:0266-23-6000
会社概略
株式会社イズミテクノ
〒394-0043
長野県岡谷市御倉町3-20
TEL:0266-23-6000
FAX:0266-23-9210


イズミテクノ 各種機能性アルマイト処理

アルマイト技術 ワークサイズ 備   考
イズミコート
(導電性アルマイト)
1200×1200×300 米国特許US6.379.523B1
イズミブラック
(黒色高耐熱アルマイト)
1200×1200×300 アルミ融点まで退色なし
超硬質アルマイト(硫酸)
2500×1500×600 Hv450以上 JIS8603,
MIL-A-8625準拠
超硬質アルマイト(シュウ酸) 1500×1500×300 高耐電圧性
潤滑性アルマイト 1500×1500×450 摺動性・耐摩耗性良好
クラックレスアルマイト
(硫酸・シュウ酸)
1500×1500×450 クラックを最小に致します。
高耐蝕性・超 厚膜・
高耐電圧等、
各種機能アルマイト
1500×1500×450 お客様に使用条件に適合する、
機能皮膜を開発致します。
加圧蒸気封孔処理 Φ1500×2800  


イズミコート(導電性皮膜)

導電性皮膜

アルマイト皮膜
・ 多孔質層
(不導体皮膜)
細孔に銀を充填
 バリヤー層を溶解・除去してこの細孔に金属を電析
  させてAL素材と接触させ 導通を持たせるものである。
(当社は銀を細孔に充填している)

特徴

1.  導電性を有するため表面に静電気が帯電しない
2.  熱伝導度が高く放熱性がよい
3.  銀は抗菌性を有するため抗菌性皮膜となる
4.  硬質皮膜上に充填すると硬度が高く耐摩耗性がよい
5 . 装飾性があり美しい金色から黒色まで各色調が得られる

主な用途

1.  半導体・液晶製造装置、治工具類
2.  コンピュータ関連部品
3.  ロボット等の摺動部品

抵抗値

弊社では絶縁抵抗計【 HIOKI M Ω Hi‐TESTER】で測定
(測定方法は各社それぞれ異なります)
抵抗値  0 M Ω〜 100M Ωまで調整可能です 。

色調

色調(外観)は電析させる銀の量によって金色からほぼ黒色迄できます。
(標準色:茶色)又この銀の量によっても絶縁抵抗値が変化します。

皮膜特性

膜厚:標準 10 μ m ( 5 〜 20 μ m 可能)
硬度: Hv300 〜 400    耐食性:良好(キャス試験 R 、 No9.8 )


イズミブラック (黒色耐熱性皮膜)

黒色耐熱性皮膜

 皮膜の細孔に交流電解により金属を充填して
 黒色化する。
 
 
アルマイト皮膜
・ 多孔質層
(不導体皮膜)
 
バリヤー層  
AL 素材  

特徴

1.  交流電解によって金属が細孔の深部より電析する為、通常の染色(有機染料)と比較して
   耐熱・耐候・耐光性が格段に優れている。
2.  耐熱性(抜群によい)。アルミ融点まで加熱しても変色ない。
   (アルミが溶解し皮膜が壊れるまで黒色が維持される)
3.  電析時にバリヤー層の増巾、補修もされるため耐食性が改善される
4.  後処理により複合皮膜にもなる(潤滑、耐蝕)
5.  硬質皮膜上に充填すると耐磨耗性がよくなる
6.  その他、抗菌性がある

皮膜特性

1.  普通・硬質皮膜いずれも可、硬度H v200 〜 400 位
2.  色調、完全な黒色皮膜
3.  膜厚、標準 20 μ m ( 2 〜 50 μ m 可能)  注 2 〜 3 μでも完全黒色となる
4.  導電性皮膜にも可能

主な用途

1.  医療機器部品
2.  コンピュータ関連部品
3.  ロボット等の摺動部品
4.  半導体・液晶製造装置、治工具

HOME品質方針設備紹介技術紹介会社概要採用情報リンクお問合せ
Copyright (C) 2007 株式会社イズミテクノ. All Rights Reserved.